TOP MENU日誌

気まぐれ日誌

〜怪しい独り言〜


<<| | 04月24日| 04月23日| 04月17日| 04月16日| 04月10日| 04月02日|   月別インデックス


2017年04月24日(月)

昨日のおさらい

photo-20170424-1 朝8時ちょうど・・・のあずさ2号ではなく、8時ちょうどにアパートの駐車場を出発。当初は輪行しようか?とも思ったのですが、車に自転車が積みっぱなしだったので、それならば車で出ちゃえ、ということに。午前9時半には魚沼市にある響きの森公園の駐車場に到着。この日のお供は、先週の安曇野・早春賦ポタ時から、車に積みっぱなしだった新5号車


photo-20170424-2 去年の9月25日と同様、魚沼市小出を出発してR290を辿って石峠を越え栃尾、更に桑探峠を越えて少しだけ見附市に入った後は、長岡、片貝、小千谷、越後川口、越後堀之内と信濃川を遡る、一周100kmちょっとの定番コースです。これで3回目か、4回目か。


photo-20170424-3 只見線、越後須原駅の少し先の田んぼの中から見えるのは守門岳かな? 雪の少なかった冬でしたが、それでも頂付近は、未だ未だ真っ白です。


photo-20170424-4 只見線の上条駅前で左折、国道290号線を栃尾方面へ向かって登ります。石峠トンネル付近は雪こそ消えつつあるものの、まだ新緑までには一呼吸早い感じ。来週か5月初めは良い感じかも。再訪するかな? というか、ここ数年は田植えの終わった5月2週目に来るのが定番だったので、今回が異例なのです。


photo-20170424-5 石峠トンネルを抜けて旧栃尾市に入ると、国道を避けて脇道へ。通るのは3度目ですが、その道から分校跡らしき建物が見えている事に、今回初めて気が付きました。


photo-20170424-6 峠から下りてくると、桜、水仙、他にもカタクリやら花いっぱいでした。標高差はわずかなんだけど、結構違うなぁ。


photo-20170424-7 お馴染み、栃尾の雁木の街並みを通り抜けます。結局、この冬も雪景色の街並みを見に来られなかった・・。


photo-20170424-8 桑探峠で旧栃尾市から見附市へ入り、すぐに長岡市へ。この日一番多くのサイクリストを見かけたのが、この道。


photo-20170424-9 さて、前回9月の時は信濃川右岸を遡りましたが、今回は長生橋で左岸へ渡ります。以前、2回の長岡暮らしで住んでいたのはいずれも左岸でしたので、向こう岸のほうが馴染が有るのです。


photo-20170424-10 長生橋を渡り、越路町から来迎寺駅前、片貝と旧・国鉄魚沼線跡を辿り、小千谷の街が見えるところまでやってきました。後ろは越後三山から浅草岳かなぁ?


photo-20170424-11 ここも私的絶景ポイントの一つ、越後川口IC/SA近くの国道117号線。小千谷市街から来ると、右カーブになった先に、信濃川の水面と越後三山の風景がパッと拓けるのです。車の時は停まれないけど自転車なら思う存分眺めていられるのです。ただ、そんな事ばかりしているから時間が押し気味ですが。


photo-20170424-12 ここも私的絶景ポイントの一つ、堀之内の街並みと越後三山。


photo-20170424-13 最後に私的絶景ポイントの一つ、小出橋の上から見る越後三山。ようするに、この時期の中越地方はどちらを向いても絶景だという事で。次は田植えの時期に来たいですね。その頃は新緑が鮮やかだろうなぁ〜などと想像すると、今からヨダレが出ていますのです。いや、脳内で、ですよ(笑


▲TOP



2017年04月23日(日)

今年初の中越地方

photo-20170423-1 午前6時過ぎに一度目を覚まして洗濯スタート。午前7時半ちょっと前に、二度寝から起きて洗濯物を干して、さて外は風が強めだし、どうしたものか。この時間から車で移動開始しても10時前には走り出せるかも?という事で、今年初の新潟県遠征。ルートは去年の9月25日と同様に響きの森公園に車を置いて、栃尾・長岡・片貝・小千谷・越後川口を廻り、走行距離は約113kmでした。日差しは春そのものでしたが、気温はかなり低めで寒かった〜。詳細は明日以降〜。


▲TOP



2017年04月17日(月)

昨日のおさらい

photo-20170417-1 前日の土曜日、妙な時間から、そこそこ長い時間の昼寝をしてしまい、じゃあそのまま夜明けを待って木崎湖へ行こう!と思い立ちます。ベッドに横になると完全に寝てしまうので、ホットカーペットの上にごろんと横になって3時間ほど仮眠。5時台に起きて8時台には道の駅「アルプス安曇野ほりがねの里」に到着。コースは決めていないので、eTrexを頼りに木崎湖まで往復します。


photo-20170417-2 農道の先に白銀の尾根。この時期の安曇野は初めて来ましたが、なるほどセンチュリーライドが大人気になるのがよく分かる景色です。


photo-20170417-3 田んぼの水面に映る残雪の山。


photo-20170417-4 はぁ早起き、というか夜更かしして出掛けてきた甲斐がありました。


photo-20170417-5 こんな景色を目にする度に停車してしまうので、なかなか先に進めません。


photo-20170417-6 木崎湖に来ました! 今回は初めて湖畔を一周。


photo-20170417-7 ゆ〜ぷる木崎湖でお昼ご飯にして、道の駅に戻ります。風が強くなってきてモコモコとした雲が多くなってきました。山の上は雪かなぁ?


photo-20170417-8 早春賦の歌碑にも寄りました。この辺りは桜が満開間近。


photo-20170417-9 穂高駅近くの旧道。


photo-20170417-10 道の駅も近くなったところで、まだ時間もあるので、道の駅をスルーして「あづみ野やまびこ自転車道」を松本方面へ進みます。


photo-20170417-11 枝垂れ桜と石仏群。松本が近くなるほど桜が咲いてるなぁ。松本と大町にある木崎湖と50kmも離れてないと思いますが、けっこう違うなぁ。木崎湖周辺の桜は今週末かな?


photo-20170417-12 用水路沿いの細道を辿って道の駅に戻る途中に見つけた、ちょっと珍しいもの。「二級国道」の文字が入った橋の銘板。


photo-20170417-13 こちらも道の駅に戻る途中に通りかかった、ちょっと珍しいもの。安曇野市内に一カ所だけのラウンドアバウト。ラウンドアバウト(右回り通行)の標識を見ると、どうしても非常停止ボタンを連想してしまいます。ところで、この構造だと中央の島にある歩道(?)には誰も到達出来ないはずですが、なんであろうか?


▲TOP



2017年04月16日(日)

今年初の木崎湖

photo-20170416-1 ふと思い立って今年初の木崎湖へ行ってきました。安曇野の松本に近い方は桜が満開、木崎湖はまだまだでした。所々、田んぼに水が入り始めていたから、来週辺りは、桜と田んぼの水面に映る残雪のアルプスが見られるかも? さて、今日はさっさと寝ようっと。


▲TOP



2017年04月10日(月)

アオバ自転車店17巻

photo-20170410-1 土曜日は仕事、日曜日は北風ビュービューで部屋に引き籠もって、オークションで落札したネットブックをいじってました。ということで土日は自転車活動は無し。仕方が無いので「アオバ自転車店へようこそ!」第17巻で脳内サイクリングなのです。今週は「かわうその自転車屋さん」第4巻も発売ですな。今週末は風の穏やかな晴れにならないかなぁ・・・。


▲TOP



2017年04月02日(日)

二週連続で足利方面

 昨日は、一時期は雪が降るかも?なんていう予報も出た位の冷たい雨。ということで、ほぼ引き籠もり。溜まった録画の整理や、書き出したブルーレイディスクのラベル編集・印刷をして過ごしました。夕方に6号車で、ちょっと離れたスーパーへ偵察へ。前橋市に引っ越して来てから7ヶ月になりますが、まだ行った事が無かった店なのです。スーパーというか、こぢんまりとしたショッピングモールかな? パン屋さんが入っているのを知ったのは収穫でした。

photo-20170402-1 そして今日。今年になってから足繁く通っている栃木県芳賀郡のほうは、桜はまだだろうし、さてどうしたもんか? ということで、ネタ切れ時の足利詣ということで2週連続で足利方面へ。ただし今日はいったん埼玉県まで南下する大回りコースということで、やってきたのは妻沼の聖天院。ほんの30kmばかり南下しただけで咲いてるんだなぁ・・・。


photo-20170402-2 境内では奉納弓道大会が開かれていました。弓道やっている人って、こんなに居るんだな! この後、刀水橋を渡って群馬県、そのまま北上して栃木県足利市へ。足利市は今日も刀剣乱舞ファンで賑わっておりました。<足利市美術館での展示は今日が最終日。午後2時前に通りかかった時点で、整理券配布終了となっていました。凄いなぁ。後は、いつものマルタカパンでパンを買い込んで、足利市、桐生市、みどり市、伊勢崎市と走って午後4時前に帰着。


▲TOP


きょう:085

<<| | 04月24日| 04月23日| 04月17日| 04月16日| 04月10日| 04月02日|



Ryo Masuda / so-net / ryo-kun@fc4.so-net.ne.jp